タイトル

タダポックスは早漏も改善することができるシアリスのジェネリック医薬品

タダポックスについて

タダポックスについて

タダポックスは、インドの製薬企業サンライズメレディが製造しているシアリスジェネリック医薬品です。タダポックスはシアリスの主成分であるタダラフィルだけではなく、早漏抑止効果を持ち早漏治療として唯一医薬品として認められているプリリジーの主成分、ダポキセチンも配合された早漏も改善ができるシアリスジェネリックです。配合量はタダラフィル20mg+ダポキセチン60mgになります。

価格は210円~とシアリスはもとより他のシアリスジェネリックと比較してもかなりお得な価格となっています。

タダポックスの先発薬シアリス

シアリスについて

シアリスはED治療のために開発されたバイアグラ、レビトラに次ぐ3番目に登場した勃起薬です。バイアグラ、レビトラとの違いは、効き始めが大きく異なり時間がかかります。バイアグラが30分~1時間程度、レビトラは20分~30分で効き始めるのに対してシアリスは効き始めるのに1~3時間ほどかかります。そして持続性も大きく異なり、他2つの勃起薬が4~10時間なのに対して、シアリスの持続時間は24時間~36時間と圧倒的な持続力があり、遅行性の弱点を補って余りある使い勝手をもたらします。シアリスは少なくとも2日は持続することからウィークエンドピルなどと呼ばれてもいます。

重篤な副作用はほとんど起こらず、副作用を発症する割合も使用者の30%程度に抑えられ、より安心して使用することができます。そして、食後の服用でも効果が落ちないということから、使い勝手よさが人気の勃起薬です。

安全性の高さと使い勝手の良さから現在では最も人気のある勃起薬となります。

ジェネリック医薬品とは

新薬が販売されてから一定期間を過ぎると、新薬の特許期限が切れ、新薬と同じ成分の医薬品を他の製薬企業は製造することが出来るようになります。これがジェネリック医薬品です。

シアリスは国内においては現在も特許は有効です。特許が切れない限りはシアリスジェネリックは製造も販売もできません。しかし、インドをはじめ、一部の国では法律によって特許が認めれていない国もあり、その国では、ジェネリック医薬品の製造が可能となっています。

タダポックスの効果

タダポックスの効果

タダポックスの効果はシアリスと同様にEDの症状を改善し、勃起を回復させると同時に早漏を抑止する効果を持ちます。ED改善効果はシアリスの主成分でもあるタダラフィルがEDを改善する効果を持ち、その効果は最大で36時間持続します。早漏を抑止する効果はダポキセチンという早漏改善薬プリリジーに用いられている成分が配合されています。

タダポックスは食事の影響をほとんど受けません。ですので服用タイミングを気にせず、好きなタイミングで服用しても効果は変わりません。外出時、家から出る前でも、デート中の食事の後でも、その効果を発揮することができます。

早漏について

早漏とは、性交中に射精が著しく早く起きてしまうことを指します。その時間は明確な定義はありませんが、平均的な射精が挿入後7分と言われています。対して挿入後2分以内の射精は早漏と考えられます。

早漏の原因の多くは心因性によるものが大半と考えられており、精神的な余裕がなかったり、日頃のストレスの蓄積の影響によって射精が早くなってしまうと考えられています。経験の浅い若年層の場合は敏感性の早漏が増えます。

心因性の早漏に対しては精神的な不安定な要素を取り除く必要があります。パートナーとの意思の疎通であったり、あせりを抑えたりと気を付けることはできますが、薬の効果によって精神的不安定を取り除くことも可能で、ダポキセチンを配合した医薬品は精神不安への治療薬ですが、早漏に対してもその効果が認められています。

タダポックスの副作用

タダポックスの副作用

タダポックスの副作用はシアリスと同様の副作用だけではなく、ダポキセチンの副作用も含まれます。どちらの副作用もさほど高くはありません。ED治療作用を持つタダラフィルは副作用自体発生確率が他のED治療薬よりも低くバイアグラ、レビトラが軽微なものも含めれば90%の発症率に対して、タダラフィルを主成分とするシアリスの副作用の発症率は30%です。ダポキセチンの副作用は約10%と言われています。たとえ副作用が起きてしまったとしても、その副作用自体が軽微なものが大半なので気がつかないかもしれません。

成分 副作用
タダラフィルED治療成分 紅潮、火照り、動悸、頭痛、めまい、消化不良、色覚異常、等。
ダポキセチン早漏治療成分 眩暈、頭痛、不眠、下痢、吐き気、疲労感、等。

もし、副作用による頭痛が気になる場合はただポックスメガリスを服用する際に一緒にバファリンやイブ、アスピリンなどの鎮痛剤も一緒に服用しても問題ありません。、ただ、万が一副作用が強く出て気分が悪くなってしまったときは無理をせずにタダポックスの使用を中止してください。状況によっては病院で診察を受けることも考えましょう。

タダポックスとシアリスを比較

タダポックスとシアリスを比較します。

シアリス タダポックス
主成分 タダラフィル タダラフィル、
ダポキセチン
勃起力 自然な硬さ
効き始めまでの時間 1~3時間 1~3時間
ダポキセチンは1.2時間程度
持続時間 24~36時間 24~36時間
ダポキセチンは4~5時間
食事の影響 大きな影響は受けない
※800kcal以下
アルコール 適度なら問題なし 控えたほうが良い。

アルコールは酩酊作用を強める恐れあり。

副作用

紅潮、火照り、動悸、頭痛、めまい、消化不良、筋肉痛など。

他の勃起薬と比べて軽微で発症率も1/3程度

紅潮、火照り、動悸、頭痛、めまい、消化不良、筋肉痛など。

他の勃起薬と比べて軽微で発症率も1/3程度

※以下はダポキセチンの副作用
眩暈、頭痛、不眠、下痢、吐き気、疲労感、等

価格 1450~1612円 210~234円
製薬企業 イーライリリー サンライズレメディ
詳細 シアリスの詳細
購入 購入 購入

タダポックスとシアリスを比較して分かることは、タダポックスはシアリスの主成分であるタダラフィルだけでなく、早漏抑止効果のあるダポキセチンによる副作用も影響することが分かります。とはいえ、ダポキセチンの副作用も軽微なものが多く、シアリス以上に発症率が低いのでさほど気にすることはありません。

ただし、タダポックスとお酒の併用は厳禁です。シアリスはお酒との相性はよく、むしろ相乗効果が望めるのですが。ダポキセチンがアルコールの酩酊作用を悪化させてしまう恐れが高いのです。ですので、タダポックスを使用する際はお酒は控えましょう。