タイトル

シアリスの主成分タダラフィルはED(勃起不全)だけじゃなく様々な疾患に対して改善する可能性を秘めている。

タダラフィルはED(勃起不全)だけでなく循環器系疾患や前立腺肥大症、動脈硬化をも改善する

タダラフィルはED(勃起不全)だけでなく循環器系疾患や前立腺肥大症、動脈硬化をも改善する

シアリスの主成分であるタダラフィルはED(勃起不全)治療を目的として開発された成分ですが、その作用はED(勃起不全)のみならず、体内をめぐる循環器系の疾患で指定難病の肺動脈性肺高血圧症や老化現象の一つである前立腺肥大症、動脈硬化にも治療効果があることが研究が進んだことにより近年分かってきました。

タダラフィルの作用は女性にも効果があり、冷え症や性的感度が上がるなど、タダラフィルの主な効果である血管や海綿体の拡張作用が様々な要素で改善させることが分かってきています。ただ、女性に対してはどのような副作用が出るのかについて分からないことが多いため現時点では、処方は認められていませんが、今後の研究によってはタダラフィルの処方も確立されることになるでしょう。

タダラフィルの作用機序

シアリスの主成分であるタダラフィルはED治療薬(勃起薬)として研究されてきました。ED治療薬として最初に発売されたバイアグラの主成分シルデナフィル、その後に登場したレビトラの主成分バルデナフィル、そしてシアリスの主成分タダラフィル。3つのED治療薬ともに基本的な作用は同じで、血管平滑筋や陰茎海綿体平滑筋に存在するPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素の働きを阻害することを目的とするのでED治療薬は総じてPDE-5阻害薬とも言われます。

PDE-5は体内の細胞に信号を送るメッセンジャー(情報伝達物質)の一つであるcGMP(サイリックGMP)を調整する役割を持ち、信号の伝達の調整に必要な酵素です。この酵素が強く作用するとcGMPが減少し、血管の拡張信号がなくなり血管が収縮。そして、血流量が減少します。この作用が強くでてしまうとEDになってしまいます。このPDE-5の働きを阻害すると血管の収縮を調節する平滑筋が弛緩し、血管が拡張。血液が流れやすくなり、陰茎の海綿体に血液が流れ込みEDの症状を改善して勃起ができるようにすることができます。

このPDE-5は陰茎海綿体や血管平滑筋に多く存在しますが血管の集中する肺や骨盤内部・周辺部と言った局所部に多く存在する酵素です。そのため、PDE-5阻害薬であるタダラフィルはED治療をはじめとして、前立腺肥大症や肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても用いられます。また、血管そのものの収縮・弛緩にもかかわるため、動脈硬化の改善にも効果があると現在考えられています。

ED治療薬(勃起薬)シアリスとして最初に用いられたタダラフィル

ED治療薬(勃起薬)シアリスとして最初に用いられたタダラフィル

ED治療として開発されたタダラフィルを主成分としたED治療薬シアリスは3番目の勃起薬になります。先に登場している勃起薬のバイアグラ、レビトラとは大きく異なり、自然な感じと言われるマイルドな勃起力と有効時間が最長で36時間という持続力、そして副作用の弱さと食後の服用でも効果が落ちないということから、使い勝手がよく、安心して使用できると評価され、現在では最も人気のある勃起薬になっています。服用タイミングを気にせず、週末を1錠で済ませられることもありウィークエンドピルとも呼ばれます。

副作用の少ない前立腺肥大症治療薬としても利用されるタダラフィル

前立腺肥大症と言う泌尿器に関わる病気があります。この病気は膀胱下部にある前立腺が加齢とともに肥大化し、前立腺を貫通するように通っている尿道を圧迫し、排尿障害を引き起こすと言う病気で悪化すると完全に尿を排出できなくなり、腎臓にも障害を発生させてしまうと言う深刻な病気です。この前立腺肥大症に対してタダラフィルは有効であり、タダラフィルを配合した前立腺肥大症治療薬ザルティアとして厚生省より認可を受けています。

実はこの前立腺肥大症が最近になってEDと密接な関係を持っているのではないかと疑われております。陰茎と前立腺の血流をコントロールする役目としてともにPDE-5が関わっており、タダラフィルがPDE-5を阻害することで、血流の流れを促進させて陰茎では勃起作用を促し、前立腺では筋肉を弛緩させて排尿を促し、排尿障害を緩和することができます。そして、前立腺肥大症を患っている方は心因性EDも併発していることが多いので、前立腺肥大症の治療が同時にEDへの治療にもつながります。

また、シアリスが他のED治療薬と比較しても作用時間の長さと副作用の低さから安全性の高いED治療薬として認識されているのと同じようにザルティアも他の前立腺肥大症治療薬と比較しても副作用が少なく安全性の高い治療薬として認識されています。

前立腺肥大症によりEDが引き起こされるメカニズムに関してはまだ因果関係の解明はされておりませんが、どちらの病気にもPDE-5酵素が関係しているため、どちらの治療薬としてもタダラフィルが治療に有効です。

参考:マイナビニュース「中高年男性を悩ませる! 排尿障害とEDの気になる関係」

指定難病である肺動脈性肺高血圧症治療として用いられるタダラフィル

肺動脈性肺高血圧症は肺に巡らす多くの血管が異常収縮や血栓などによって血管が狭くなり、肺動脈圧が上昇する疾患で、症状が悪化すると心不全症状が起こり、死に至ります。現在肺動脈性肺高血圧症の治療に関しては完治は難しく、指定難病とされていますが、症状を大幅に改善させる治療法が近年になって確立され、今後も研究が進んでいくことで予後やQOL(生活の質)の大幅な改善が期待されています。

この難病に対してタダラフィルは改善する作用を持ちます。肺には多くの血管が巡らされていますが、この血管内にPDE-5が存在しています。肺動脈内のPDE-5の働きをタダラフィルが阻害することで血管が拡張し、血流が回復することで肺動脈の高血圧を改善します。

2009年にはタダラフィルを主成分とした肺動脈性肺高血圧症治療薬アドシルカが厚労省から認可を得て、現在肺動脈性肺高血圧症治療に用いられています。

シアリスとAGA治療薬の併用

シアリスとAGA治療薬の併用

中年以降の男性で多くの方が抱える深刻な悩みといえばED(勃起不全)とAGA(男性型脱毛症)です。そのAGAの治療に際して、よく言われることが副作用としてEDを発症するのではないかということです。

AGA治療薬として有名なプロペシアという医薬品がありますが、このプロペシアの副作用として勃起不全が挙げられており、AGA治療にプロペシアを用いる場合は副作用としてED発症の可能性があると言われているのは実際にあり得ることなのです。

では、AGAの治療でプロペシアを使用しなければと思いの方もいらっしゃるかと思いますが、日本皮膚学会ではAGA治療としてプロペシアの使用を推奨しておりプロペシアそのもののAGAの治療実績はとても信頼がおけるものです。

EDの不安におびえながらAGAの治療を行う。それは回避したいものです。それならAGA治療薬とシアリスの併用はできないかとお思いの方もいらっしゃるでしょう。

結論から申し上げますと、AGA治療薬とシアリスの併用は可能です。シアリスとプロペシアの併用でどちらかの効果が落ちるといった事例や、副作用リスクが上がったなどと言う事例は特に聞かれておりませんし、シアリスとAGA治療薬の作用機序を見ても影響を与える要素はありません。もし、AGA治療を現在行っていると言う方でEDが不安と言う方はシアリスのご使用をお勧めします。

ただし、AGA治療にプロペシアだけでなくミノキシジルという成分を配合した医薬品を使用していた場合は、シアリスの利用に際して少々注意が必要になります。AGA治療によく用いられるミノキシジルと言う成分には血管拡張作用があり、シアリスも選択性が高いとはいえ血管拡張作用があるのでシアリスとミノキシジルの併用においては血圧の低下を招く恐れがあります。シアリスと併用したい場合はミノキシジルの利用は塗布用の外用薬を利用しましょう。また、内服薬を使用されている場合は時間の間隔を空けてシアリスとの併用を行ってください。

タダラフィルは動脈硬化にも効果あり!!アンチエイジングも期待される

最近になってタダラフィルをはじめとするED治療に用いられているPDE-5阻害薬に動脈硬化症による血管拡張機能低下を改善し、服用を中止しても血管拡張機能が維持されるという報告が出ており、ED以外のアンチエイジング効果にもタダラフィルがにわかに注目されています

タダラフィルは主に血管の拡張収縮をコントロールする血管平滑筋に対して作用します。動脈硬化が進むと血管平滑筋の拡張機能が衰えてしまい、症状が進むと血圧をコントロールできなくなってしまうのですが、タダラフィルが血管平滑筋に作用すると動脈硬化によって失われた血管拡張作用が回復するというのです。また、血管収縮作用を持つエンドセリン-1という体内酵素を減らし、血管内皮前駆細胞と心臓にとって重要な冠動脈の冠状血管内皮細胞を増やし、血管再生に寄与します。

参考:zakzak「奮い勃て中高年! 「ED予防」が動脈硬化を食い止める」

タダラフィルは女性にも良い効果をもたらす可能性を秘める

現在タダラフィルを用いた薬は肺動脈性肺高血圧症を除けば女性への処方は認められていませんが、PDE-5と言う酵素は男女ともに体内で活動している酵素です。PDE-5を抑制することで血管は拡張し、全身の血の巡りがよくなることが知られており、手の先や足の先の毛細血管に対してもその作用が起こります。

そのタダラフィルの作用は、女性の多くの方が悩まされている冷え症や不感症の改善に効果を発揮する可能性があるのではないかと考えられています。

女性も、男性と同様に局部には多くの血管が張り巡らされており、ここにもPDE-5が強く作用している部位です。ここにタダラフィルの作用でPDE-5が阻害されれば女性の陰部への血流も活発になることが予想されます。

まだ、臨床数も少なく、可能性の域を超えませんが女性が服用することによる副作用も現時点では男性とそう大きく変わるところはないので、今後の研究が進むことで女性を適用としたタダラフィルが配合された医薬品が登場するかもしれません。