タイトル

勃起薬は市販されているのでしょうか?秘密で簡単にしかも安く購入するなら通販がおすすめです。

勃起薬は市販されている?

勃起薬は市販はされていない

勃起薬の市販について

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの勃起薬は、コンプレックスに関する薬ですのでなるべくなら医師に会わずにこっそり購入したいという方がほとんどでしょう。勃起薬は市販されているのでしょうか?結論から言うと、医療医薬品ですので、医師の処方が必要な薬で、薬局などでは市販されていません。

市販の薬よりも病院処方の薬の方が効果が高いというのは多くの方が実感されているかと思います。医者の処方が必要という事はそれだけ効果が高いという事の証左でもあるのですが、いちいち病院に行かなくてはいけないというのは時間的にも精神的にも大きな負担になってしまう事は想像に難くありません。

おすすめの勃起薬

勃起薬は、今は多数の種類があります。「勃起薬ならどれでも同じ」ではないのです。それぞれ特徴がありますので、ご自分にあっているものを探すこと、あるいは状況によって使い分ける事が大切になります。人気の勃起薬とその特徴をご紹介します。

勃起の持続時間と安全性の高さならシアリス

持続時間、安全性、服用タイミングを考えないならシアリス

シアリスは持続時間の長さが最も大きな特徴です。1錠飲めば最大で36時間持続します。金曜の夜に服用すれば日曜まで効果が持続します。そのため、服用するタイミングを気にする必要がありません。一般的なデートであれば家を出る前に服用すればどのようなタイミングでなったとしてもほぼ問題なく対応できるでしょう。

また、シアリスは食事の影響を受けにくいのも特徴です。食後に服用しても効果は殆ど影響がないとされています。一般的なデートであれば食事の後に性行為となる事が多いでしょう。そのような場合でも、食後も服用できますし、お酒を服用してもほぼ問題がないとされています。

さらに、シアリスは他の勃起薬に比べて副作用が少なく、安全性が高いお薬です。勃起薬は血流をよくする働きがあるため、顔のほてり、目の充血などがよく起こりますが、シアリスの場合は副作用が発症する確率は30%程度とされています。初めて服用する方にもオススメです。シアリスは持続時間が長い分価格が高いのがネックですが、通販では格安のタダシップなどのシアリスジェネリックを購入する事が可能です。

勃起の強さならバイアグラ

勃起の強さならバイアグラ

「とにかく硬さがほしい!」という方にはバイアグラが最もオススメです。勃起薬の中でも特に勃起する効果が強く、高齢の方が服用しても、若い頃のような、あるいはそれ以上の硬さが得られたという声が多いお薬です。

また、世界で最初に販売された勃起薬である事から、信頼、実績はナンバー1になります。知名度はダントツです。初めて利用するために「どれを選んだらいいかわからない」という方にも人気のお薬です。

ただし、バイアグラは食事の影響を受けやすいので注意が必要です。食後に服用しては殆ど効果が得られない可能性があります。ですので服用する際には空腹時に服用しましょう。また、お酒の影響も受け易いのでお酒もできるだけ控えるようにしましょう。それ以外の注意点は副作用が出やすい点です。効果が切れれば副作用はおさまりますが、初めて服用する場合は少量から試すようにした方が良いとされています。効果が感じられなければ少しずつ増やしましょう。

即効性ならレビトラ

即効性ならレビトラ

レビトラは即効性があるため、使い勝手がいいお薬として有名です。服用すれば早ければ15分ほどで効果があらわれます。そのため、急に必要な状況になったとしても、直前にトイレなどでこっそり服用すれば十分間に合う時間と言えるでしょう。

バイアグラに比べると副作用も軽度で、食事の影響も受けにくいとされてます。ですので、レビトラは「使いたい時にすぐに使う」という利用方法ができるお薬です。そのため、リピート利用する方が多いようです。また、レビトラは早漏改善の効果もあるとされています。勃起不全と早漏は併発しやすいとも言われていますので、早漏でもお悩みの方はレビトラがおすすめです。

ただし、レビトラは他の勃起薬よりも併用できないお薬が多いので注意が必要です。HIV治療薬の抗ウイルス薬なども併用できません。普段服用している薬がある方は、服用する前によく確認するようにして下さい。

勃起薬を比較する

シアリス、バイアグラ、レビトラ。現在登場しているEDを治療することができる勃起薬はこの3つになります。それぞれの違い、効果の差など比較しやくす表にしてまとめました。比較することで特徴が明確になり、メリットデメリットが把握できます。把握できればどの勃起薬が自分に合ってるかも見つけることができます。

シアリス バイアグラ レビトラ
主成分 タダラフィル シルデナフィル バルデナフィル
勃起力 自然な硬さ レビトラと同等か、それ以上
※個人差有り
バイアグラと同等とも
※個人差有り
効き初めまでの時間 1~3時間 30分~1時間 20分~30分
持続時間 24~36時間 4~6時間 6~10時間
食事の影響 大きな影響は受けない
※800kcal
影響を受ける
※600kcal
影響を受ける
※700kcal
アルコール 適度なら問題ない 適度なら問題ない 適度なら問題ない
副作用 紅潮、火照り、動悸、頭痛、めまい、消化不良、筋肉痛など。
他の勃起薬と比べて軽微で発症率も1/3程度
紅潮、火照り、動悸、頭痛、めまい、消化不良、色覚異常など。 紅潮、火照り、動悸、頭痛、めまい、消化不良、色覚異常など。
バイアグラと比較すると副作用は多少改善されている。
価格 1450~1612円 1215~1450円 1277~1420円
製薬企業 イーライリリー ファイザー バイエル
購入 シアリスを購入 バイアグラを購入 レビトラを購入

勃起薬のジェネリック医薬品

シアリス、バイアグラ、レビトラのED治療のために開発された勃起薬にはそれぞれ同じ成分で製造され、同じ効果を発揮することができるジェネリック医薬品があります。長年ED治療に用いられている勃起薬ですが、EDの治療行為に対して保険が適用されていないため、勃起薬は割高で、なかなか手を出すのに躊躇する人がいました。ジェネリック医薬品になると価格が大幅に値下げされて販売されます。その価格はシアリスであればシアリスの20%の一錠あたり約400円程度で購入することができるシアリスジェネリックもあります。

勃起薬を通販で購入

勃起薬を通販で購入

最近、さまざまなメディアでも話題になっているインターネットから通販サイトを通して購入する方法。かなり注目を浴びていますが、何よりも価格の安さに一番のメリットがあります。医療機関から入手するよりもかなりの割引きで購入できる点があります。他にも日本の国内でまだ入手できない薬やサプリなども購入できます。

海外の薬やサプリは、さまざまな種類が豊富にあります。日本の国内で認可を受けた薬よりもはるかに多い種類ですので、より効果的な薬が選ぶことができます。誰でも手軽に海外の薬を安い価格で購入できるようになりました。

その手順も実に手軽で普段よく使用するショッピングやオークションサイトなどと同じ仕様です。個人輸入と言いながらも直接、海外の業者と交渉することもなく、細かい手続きや言葉のなどの難しい点を考える必要もないので気軽に購入できます。

日本の国内では、購入できない薬やサプリが安い価格で購入でき、薬やサプリに関して、効き目、用量、用法、副作用、諸注意などのある程度の知識は要りますが、今やインターネットがここまで広く使われており、知識的なことはすぐに調べられるので、初めて購入する方でも調べることが好きな方や経済的な負担を少なくしたい方にお勧めできます。

勃起薬の病院での処方

EDの治療薬や勃起薬は、医療機関から入手することが一番安全です。薬局やドラッグストアから入手すれば、薬剤師と相談でき、主に成分がどういった作用をするかなどが確認できますが、EDの治療薬や勃起薬は取り扱いされていないのが実情です。

病院で処方される場合、薬に関する知識がなくとも医師に相談することで、適切な指導のもとに、自分自身にとって相性が良いEDの治療薬や勃起薬が選択されるので安心できます。病気や服用している薬によっては勃起薬を服用できない場合もあるので、そのような方にはお勧めです。

ただし病院は保険適用外になり、治療は安いものではありません。通院の手間もかかってしまいます。また女性の看護士や薬剤師である確率が高く、相手が医師であれ、性的な部分を話すのには抵抗がある方も多いでしょう。そのような方には通販がお勧めです。

通販の注意点

通販の注意点

インターネットから通販サイトを通して購入する際に諸注意があります。人気や知名度がバツグンのEDの治療薬や勃起薬ですので、偽物が大変多くなっています。その出回る量も急増し続けており、世界で60ヵ国を超える国々で多く見つかっています。いずれも、インターネットから非正規のルートからの購入した方から多く発見されています。

偽物は本物と見分けがつかないほど精巧にできており、薬の専門家が判断できないほどです。本物とは、製造される過程が異なったり、製薬会社などが製造するわけではなく衛生的な問題も抱えています。含有量なども適当であるため、その中に不純物が多く含まれており、死亡者が出た例もあるほど危険性が高いものです。

錠剤に含まれている成分に何らかの問題があるので、不純物に限らず健康面でも害を出す恐れも高くなります。そのため、EDの治療薬や勃起薬を製造する大手の製薬会社が何社か合同で、ここ数年の間に注意喚起などを促しています。製薬会社が警察などの協力を得て偽物の輸入の差止めや禁止、偽物を製造する業者の摘発なども行われています。

インターネットで調査したデータによると、通販で流通している半数以上が偽物だったというデータもあります。偽物のクオリティーの高さにも大きな差があり、錠剤の成分の用量が規定の量よりも多かったり、規定の量よりも少なかったり、その成分が全く含まれていなかったりとさまざまです。

他の全く関係のない成分を含んでいた場合もあり、偽物にもその質の高さがあり、質の低い粗悪な偽物ほど多く出回っています。EDの治療薬や勃起薬のバイアグラ、シアリスが占める割合は60%、レビトラは50%弱もあります。極端に価格が安かったり、クレジット決済を行っていないような業者は偽物を扱っている可能性が高いので気をつけるようにしましょう。

勃起薬とは

勃起薬とは

EDの治療薬や勃起薬として有名なバイアグラ、レビトラ、シアリスは、それぞれ成分が異なりますが効き目はほとんど同じです。どの薬もいずれもホスホジエステラーゼ5(PDE-5)という酵素を抑えます。EDの治療薬や勃起薬の成分は、この酵素が重要になります。

男性の陰茎部分の周りに数多くの細い血管が束のようにたくさんあり、糸のような血管が寄り集まっています。その血管の血液の流れ込む先はスポンジ状の陰茎海綿体といわれる部位です。陰茎海綿体に流れ込んだ血液が溜まって大きく硬くなり、陰茎が大きく硬くなります。この状態を勃起と言います。勃起には、血管を大きく拡げる物質の環状グアノシン一リン酸が関わります。海綿体内側に細胞を増やすことで血管を大きく拡げるよう促します。

勃起によって大きく拡がった状態のままになってしまうので、落ち着く状態も必要になります。PDE-5は、性的な刺激、興奮のあと、射精したあとなどの身体を落ち着かせるため大きく拡げるはたらきかけをする物質を分解します。この物質が何らかの障害で必要以上に大量に形成されると、分解する分量も大きくなったり、逆にこの酵素が増えすぎた場合、より多くこの物質を分解してしまうので、勃起できない、勃起しない状態になることがEDです。

EDの治療薬や勃起薬は、そんな勃起の障害の恐れのある危険性を避けるために開発されました。この酵素をはたらきかけを抑える薬ともいえます。

勃起薬の違い

勃起薬と言うとイメージから精力剤や興奮剤といったイメージを起こされると思うのですが、シアリス、バイアグラ、レビトラに関してはED(勃起不全)を治療することが前提の医薬品であり、EDの原因を取り除き、勃起をしやすくするためのものです。シアリス、バイアグラ、レビトラ自体には直接勃起させるような作用はありません。

性行為の為に気持ちを昂らせるのはご本人の意思によるものです。精力増強や興奮といった作用をお求めでしたらシアリスやバイアグラなどではなく、薬局で市販されている栄養ドリンクなどにも含まれている興奮作用を持つカフェインや滋養強壮・精力増強によく用いられるマカや亜鉛といった成分を用いることになります。ただ、カフェインや亜鉛などはその作用は認められているものですが、精力剤の類では必ずしもその通りの作用をするかどうかは不明なものも多くあります。

「市販の精力剤」VS「医療医薬品の勃起薬」

いわゆる「精力剤」は薬局などでも市販されています。手軽に購入できるのでそういう面でメリットを感じる方も多いかもしれません。ですが実際に効果はどうなのでしょうか?精力剤は、医薬品ではなく、サプリに近い位置づけです。ですので服用を続け、健康的になって結果的に勃起力がアップするという可能性はありますが、すぐに効果があらわれるというものではありません。

「一度で勃起」というような高額なドリンクなども販売されていますが、医薬品ではありませんので、効果が保証されていません。多くはプラセボ効果の部分も多くあるとされています。中には1本1000円2000円というものもあるものの、これで効果がなければ全くの無駄になってしまいます。

一方、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの勃起薬は、臨床試験で効果が認められた医薬品です。日本では理解が薄く、「怪しい薬」という方も多いかもしれませんが、80%以上の方に効果が認められています。また、正しく服用すれば危険な事も殆どありません。日本で購入する場合は保険適用外なので価格がネックになってしまいますが、ジェネリックであればバイアグラなどの先発薬と同じ効果、成分でありながら1錠200~400円程度で購入する事が可能です。

効果が不確かで、すぐに効果があらわれるわけではない精力剤、医薬品として効果も認可され、服用すればすぐに効果があらわれる勃起薬。しかもジェネリックを利用すれば精力剤よりも格安になります。効果、即効性、安さを求める方は、精力剤よりも勃起薬がおすすめです。

勃起薬に関する誤解・勘違い

勃起薬は勃起不全、EDを改善する薬として世界的に有名ですが、日本ではまだまだ誤解が多いようです。不安な点があって服用に踏み切れない、という方は是非ご確認下さい。

勃起薬は危険?

日本では未だにバイアグラなど勃起薬に対する誤解は多いようです。「バイアグラを服用した事によって死亡した」という報道を覚えている方も多いのではないでしょうか。ですが、これは本来服用してはいけない病気がある方が処方してしまったり、併用しては危険とされている薬と併用してしまったり、あるいは1日に何十錠も飲んでしまった事によって起こってしまった事故です。

医薬品である以上、服用は注意しなくてはいけませんが、服用しても問題がない方が正しく服用すればそのような危険はありません。もしも服用に関して気になる場合は、服用前に事前に医師に相談してみましょう。

副作用が起こる場合がありますが、いずれも軽度のものとされていますし、効果が切れれば副作用も自然に治まります。安全性は世界的に認められていますので、用量を守れば重篤な危険はほぼないと言えるでしょう。

勃起薬は勝手に勃起してずっとそのまま?

これもよく誤解される事ではあります。「服用するとたちどころに勃起し、効果が切れるまでたちっぱなし」と思っている方も多いようです。ですがこれは誤解です。勃起薬はあくまでも勃起を助けるお薬です。ですので性的刺激があった場合にのみ効果があるので、何もない状態では効果がありません。ですので利用するタイミングをそれほど考える必要はないでしょう。

また、一度射精して興奮がおさまれば効果もおさまりますが、再度性的刺激があれば、効果が持続する限りは何度でも勃起可能なのです。勃起薬を服用すると女性の方が早くダウンしてしまう事が圧倒的に多いようです。

勃起薬を服用すれば、性的刺激があった時にのみ効果があり、しかも体力があれば何度でも勃起でき、服用した状態で外出しても問題は特にないでしょう。無駄に効果が強いというわけではなく、非常に現実的な使い方ができるお薬と言えます。

勃起薬が効かない?

「勃起薬を飲んだけど効かない」という方がいらっしゃいます。最も多い原因は、食後の満腹時に服用してしまったという事です。薬と言えば食後に飲むものというのが一般的ですのでその通りに服用してしまう方が多いようです。ですが勃起薬の場合、腸に食べ物がある状態だと、薬の成分が吸収されにくくなってしまい、効果が薄まってしまいます。特にバイアグラは食後ではほとんど効果は得られないとされています。レビトラ、シアリスはバイアグラよりは食事の影響を受けにくいとされていますが食べ過ぎは禁物です。また、脂質の多い食事の後に服用するのも避けるようにしましょう。

通販で購入した場合、偽物の勃起薬を販売している悪質な業者もあります。偽物であれば当然効果もないでしょうし、健康被害がある危険もあります。また、逆に効果が強すぎるという事もあるようです。偽物を購入しないためにも、信頼できるサイトで購入する事が大切になります。

それ以外に、性的刺激がない時に服用してしまったり、性欲が全くない状態の方が服用しても殆ど効果はあらわれないでしょう。前述しましたが、勃起薬は勃起するのを助ける効果があるお薬です。性的に刺激がない状態で服用しても効果を得る事ができません。うつ病などによって性欲そのものが全くなくなってしまっているという方は、まずは病気の治療をする事が先になります。

勃起薬は臨床試験でも80%以上の方に効果が認められていますが、効き目には個人差があります。バイアグラは効果があったもののシアリスは効かなかった、またはその逆という場合もあります。通販でしたらジェネリックも含めて様々な勃起薬が販売されていますので、その中からご自分にあっているものを探すのもいいでしょう。一般的には、効果が最も強いのがバイアグラ、その次がレビトラ、その次がシアリスとされています。なお、糖尿病の方や肥満気味の方はシアリスでは効果が薄い場合があるようです。バイアグラ、レビトラがおすすめです。

勃起薬を飲み続けると効かなくなる?(耐性)

これもよく誤解される事です。一般的に「耐性」と言われますが、耐性とは、同じ薬を飲み続ける事によって体が薬に慣れてしまい、薬の効果が薄くなる、やがて全く効かなくなってしまう事です。睡眠薬や抗うつ剤などは耐性が形成されやすいと言われていますが、勃起薬はどうなのでしょうか?

結論から言うと、勃起薬は毎日服用したとしても効かなくなってくるという事はないとされています。365日服用する、という方はさすがになかなかいらっしゃらないかもしれませんが、たとえそうなったとしても薬の効力が変わる事はありません。

ですが稀に耐性ができた、という方もいらっしゃるようです。このような方は、多くの場合は耐性以外に原因があります。それはEDに関する病気が悪化してしまった、ストレスが増えた、生活習慣や生活環境が変わってしまった、などです。この事によってEDが悪化してしまい、今まで効果があった勃起薬が効かなくなってしまうのです。そのような場合はまずはその原因を解決するのが一番ですが、難しい状況でしたら、他の種類の勃起薬に変えてみる、量を増やしてみる、などの対策をしましょう。

勃起薬は依存になる?

依存というのも薬を服用する上でよく言われる事です。依存とは、その薬がないと不安になってしまう状態です。ニコチン依存、アルコール依存、ギャンブル依存などと同じようなものです。依存も睡眠薬や抗うつ剤は形成されやすとされています。

勃起薬の場合、神経や脳に作用するお薬ではありませんので、依存になる事はまずありえません。ですが、精神的な原因でEDになってしまったという方は、EDの症状自体はほぼ治っているにも関わらず、「薬を飲みないと不安だ」と自信を持てず、いつまで経っても勃起薬に頼ってしまう、というケースはあるようです。そのような方は、「自分はもう治ったのだから薬を飲まなくても大丈夫だ」と信じる事が大切です。勃起薬はいつまでも飲み続ける必要があるお薬ではありません。どうしても不安な場合は、用量を少しずつ減らしていくなどしましょう。精神的な依存になってしまわないように気をつけて下さい。

勃起薬は市販薬よりも効果の高い医療医薬品!秘密でモテモテに!

勃起薬は、やはり簡単に誰にも知られずに購入したいと思う方が殆どでしょう。特に日本人は病院に行く事に抵抗があるという方が殆どだとされています。通販を利用すれば市販薬よりも簡単に、しかも絶対に秘密で購入する事ができます。

偽物に注意する必要がありますが、それさえ気をつければ、普通の通販と同じように簡単に勃起不全を改善する事ができます。年齢を問わず、今や成人男性の4人に1人が悩まされているという勃起不全。自分のプライドを優先させて放置していては悪化の一途を辿るばかりです。あとで後悔しないように症状が軽いうちに改善しましょう。

バイアグラ、レビトラ、シアリスは、1錠服用するだけで男性の自信を回復してくれる夢のようなお薬です。通販で秘密で購入し、こっそりモテモテになりましょう。