タイトル

EDはPC筋を鍛える事で改善できるという説もあります。その真偽、トレーニング方法、効果、そもそもPC筋とは?など解説します。

ED(勃起不全)はPC筋を鍛える事で改善できる?

勃起不全(ED)の症状

ED、勃起不全を改善したい!そう思った方は、「PC筋」というものを聞いた事があるのではないでしょうか?「ちんトレ」などという俗語もあります。文字通りトレーニングをする方法で、筋トレのようにほぼ毎日行う必要があります。お金もかからず副作用などの心配もないので非常に画期的に思える改善方法ですが、その効果について検証したいと思います。

PC筋とは?

PC筋は「骨盤底筋群」の部分を指します。これは男性器の根元にある筋肉の事です。男性器は、このPC筋の根元に突き刺さっている状態です。

EDというのは、勃起しても海綿体に流れ込んだ血液が逆流してしまう事によっておこります。ですので簡単に言うと血液が逆流しなようにすればいのです。その逆流を抑えてくれるのがPC筋の働きです。血流を逆流させない事により、勃起を維持する事ができるようになります。

PC筋トレーニング方法

PC筋トレーニングの方法は諸説ありますが、最も有名な方法をご紹介します。
①肛門を締めます。
②その状態を5秒キープします。
③締めた状態を緩めて普通の状態に戻します。
④緩めた状態を5秒キープします。

これが1セットになります。これを朝、昼、晩に毎日10回ずつ行います。痛みなどがある場合は回数を減らしましょう。

このトレーニングは、最低でも3ヵ月続けるのがいいとされています。ですがそれでもすぐに効果が現れるわけではありません。たったこれだけ、と思えるかもしれませんが、忙しい毎日の中、忘れずに朝、昼、晩行うのはなかなか大変なものです。また、必ず効果があるというわけではなく、個人差があります。

通常の筋トレを行った事がある方ならよくお分かりかと思いますが、トレーニングというのは時間も根気も必要です。また、頑張ったわりにはあまり効果がなかった時の落胆は大きなものです。

筋トレで勃起不全改善

運動

これもPC筋同様、まことしやかに言われている事ではありますが、筋トレをすれば勃起不全は改善できるのでしょうか?この場合の筋トレは、PC筋に限らず、体全身の筋トレを指します。

結論から言うと、筋トレだけで勃起不全を改善するというのはなかなか難しいでしょう。というのは、男性器は筋肉でできているわけではありません。ですのでいくら筋肉を鍛えたところで、萎えるときは萎えてしまいます。男性器は血液が集まる事によって勃起しますので、大切なのは筋肉ではなくて血流なのです。

スクワットなどをすれば勃起不全が改善できる、というのを聞いた事がある方も多いかもしれませんが、これは血流をよくする事によって男性器への血液の流れをよくする事で改善を期待するというものです。また、体を鍛えると全身の代謝も高まりますので男性ホルモンなども活発になると言われています。

ですが、やはりPC筋トレーニング同様、時間も手間も根気も必要です。効果があわられるまでには個人差がありますし、筋トレは永遠に持続しなければ意味がありません。一度筋肉がついたらそれで終わり、ではなく、継続する事が大切です。やめてしまえばまた元通りで、それまでの努力も無駄になってしまいます。

PC筋トレーニングよりも効果のあるED改善方法

時間も手間もかけずに確実に効果のあるED改善方法を知りたい!そのような方には、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの勃起薬がおすすめです。1錠服用するだけで硬くなる効果があり、臨床試験でも80%以上の方に効果があったとされています。勃起薬は市販はされておらず、本来は病院の処方が必要な薬ですが、現在は通販を利用すれば病院に行かずに簡単に購入する事ができます。

>>勃起薬の市販の詳細

また通販では格安のジェネリックも半額から10分の1程度の価格で販売されています。時間も手間もお金もかけずにすぐに簡単にED、勃起不全を改善したいという方は、勃起薬を利用してみましょう。

それ以外の勃起不全(ED)の改善方法

勃起不全(ED)の改善方法

病気全般に効果的ですが、規則正しく生活をすればEDの改善に効き目があります。経済的な負担があるわけでもありません。特に生活リズムの改善に重点におき、特に睡眠や食事、運動の3つをきちんと正すだけで病気も予防でき、身体の調子が良くなるのでEDにも良い影響が出ます。

睡眠

睡眠は、毎日6時間~8時間の睡眠を心掛けます。睡眠には、全身をリラックスさせたり、成長ホルモンを促す働きがあるので、睡眠時間がしっかりと取れていない方が取り組めば回復につながります。睡眠に疑いや問題がある場合、そのまま放っておけば、悪化してしまいうつ病や生活習慣病に陥りやすくなってしまいます。

食事

規則正しい生活と同じことになりますが、食事を朝、昼、晩にしっかり取ります。栄養のバランスを考えて、腹八分目ということわざがあるように食事を心がけることが大切です。よく噛んで好き嫌いせずゆっくりと食べることです。栄養のバランスは、特にフルーツに多く含む成分のフラボノイドがEDの改善にはたらきかけるので、多く含まれるイチゴ、ブルーベリー、ナシ、リンゴを多く取ることをお勧めします。

EDを改善するなら勃起薬が最も簡単

以上の方法は健康面でもプラスになり、メリットだらけですが、EDの改善には時間がかかり、効果が確実に出るかは個人差などにもよります。すぐに確実にEDを改善したいという方は、効き目の強いバイアグラ、即効性のあるレビトラ、副作用が少なく持続時間最長のシアリスなどの勃起薬がお勧めです。今は通販で簡単に購入する事ができます。

勃起不全(ED)の症状

ED(勃起不全)は、男性機能の障害が起きて正常な性行為が行えなかったりするため、男性には深刻な悩みとなります。EDの症状が原因となって他の病気や症状を起こす恐れがあったり、さらに悪化させる場合もあります。EDに陥ると、なかなか勃起できない、硬さがない、勃起が保たない症状なども起こします。

基本的なEDの仕組みは、男性の陰茎に密集する細かい血管が集まりスポンジ状の陰茎の海綿体へ血流があり、そこに血液が溜まる状態を勃起と言います。この状態に体内の物質である環状グアノシン一リン酸が関わります。主に陰部などの血管を大きく拡げるようはたらきかけ、勃起する状態を作ります。

EDの症状は、勃起しない、性欲があっても勃起しない、硬さが維持できないなどがあり、EDは、男性であれば誰でもいつでも起こり得る注意しなければならない病気です。原因もさまざまですが、完全、中等、軽度の3つの段階に分けることができ、中等以上の方は治療薬などでの治療が必要と言われています。

勃起不全(ED)の原因

勃起不全(ED)の原因

EDの原因には、大きく分けて4つあります。機能性、器質性、薬剤性、混合性です。機能性EDは、勃起不全や心因性勃起不全と呼ばれており、若い世代に多くみられる心理的な影響によって陥る症状です。ストレスやプレッシャーなどで失敗したくない気持ちなどが原因であり、気持ちをケアする必要があります。器質性EDは、身体に大きなダメージを受けケガや傷を負って機能に異常や障害が起こる症状です。神経や血管にダメージを受けている場合は治療は困難と言われています。

薬剤性EDは、薬による副作用で陥る症状です。加齢や生活習慣、精神的な疾患など場合によっては、判断しにくいものもあるので注意が必要です。何よりもともとの病気を治すことが最優先になります。混合性EDは、いくつかの要因が重なって起こる症状です。多くは機能性EDと器質性EDが合わさって陥る症状が多いです。

EDの原因は、個人的な事情が伴うことがほとんどで、精神的に抱える心の問題や身体に大きな損傷を受けたり、病気を患って使った薬に要因となり起こしたり、そういった原因がいくつも重なって起こる症状とさまざまです。

ED改善はPC筋肉を鍛えるよりもED治療薬

以上のように、勃起不全でお悩みの方は、勃起薬を利用して改善するのが最も簡単で即効性もあります。服用するだけで中折れせずに済むという安心感は、男性にとって何にも代え難いのではないでしょうか。価格が気になっている方も、通販を利用すればジェネリックを10分の1から半額程度の価格で購入する事ができます。

EDは放置していても完治せず、徐々に悪化してしまう危険があります。最初は中折れが多い程度だったのに、いつの間にか勃起が難しい、最悪の場合、完全に勃起しなくなってしまった、という事も考えられます。最近は若い男性も多く発症しているため、若いからと油断するわけにはいきません。

少しでも気になる兆候がある方は、早めに治療をするのがおすすめです。勃起薬を1錠服用すれば簡単にEDを改善する事が可能です。根気と努力が必要な筋トレ、改善するのがなかなか難しい食生活や睡眠などの生活習慣、服用するだけで済む勃起薬、男性としての自信を維持するために、あなたならどれを選択しますか?